酒飲み後押しなら

聊斎志異。中国の清お代のヤツ、蒲松齢というヤツが書いた、狐やら物の怪が出てくる本です。自身はこういう品物が大好きです。読んでいるって、古代中国には本当にこうした物の怪がたくさんいたのかもしれない、として仕舞う。自分もこの時代に行って、幽鬼や狐といっためぐりあいたいものだ。
自身が抱えるものは上下巻で全92篇。その中で最も好きな言葉は「酒後押し」です。酒好きのそれぞれが、ある日酒好きの狐にぶつかり、かなり仲良くなる。後それぞれが死ぬまで交流する、というだけの言葉です。キャラクターのパパが人材が贔屓です。酒飲み後押しなら別に狐も済む心の広さ。金額がなくても酒ばっかり呑むなんて主としてアル中ですが、何となく憎めない。金額のないパパの為に酒を持ってきたり、パパの世帯のライフを豊かにしてあげたり、狐もとってもきめ細かい。残酷描写ゼロのいい話です。
ただし侘しいのは、パパが死んで、止め、狐も消えたことである。世帯とも仲良くしていたのに何故消えたのか。ただただ人懐っこくしていても良かったのではないかと見紛う。パパには息子がいた。大酒のみの息子なんだから、狐の新しい酒後押しになれたかもしれないのに。
自身が仮にこういう息子で大酒のみだったら、消えた狐を探して周遊に出かけるだろうな、などと、意見を巡らせてしまうほど、こういう内容が大好きです。出会い系を宮城県石巻市で使うならアプリがオススメ

26. 11月 2016 by wp_sv_254_3081
Categories: 未分類 | 酒飲み後押しなら はコメントを受け付けていません。